近代以前の文化が人生成功術としてオナニーを推奨しなかった真の理由
どうして、地球規模において、第二次世界大戦以降に「脳機能を理解し人生を豊かに成功させるメソッド」として、エリート階層の間でオナニーが注目されるようになったのでしょうか?

逆に言うと、なんで、戦前は自慰行為が嘲笑の対象となっていたのでしょうか?

 

その事実に関しては、非常に単純明快な答えがあります。
すばり、「ただの手コキはSEXほど気持ちよくなかったから」。
科学的にいうと、若い娘との本番行為でしか、脳の成功神経を活性化させるための快楽ホルモン分泌は達成できず、オナニーは時間の無駄だと考えられていた、そのような表現となります。
換言すれば、道具を使わない、おかずも貧弱な原始人のオナニーでは、脳に極端な報酬を与えることが出来なかったので、成功のための利用価値は無いと信じられていたということ。

 

 

科学技術の発展は、核兵器や環境ホルモンといった人類を滅ぼしかねないパンドラの箱という側面を持っています。
いっぽうでは、合成樹脂の発達によるTENGA(テンガ)などのオナホールの発明、電算機器の進化による美麗なディスプレイでのAV鑑賞を可能にしたという、脳の満足にとってはセンセーショナルな実績を残しました。
これにより、いままではインドの聖者や西洋の名だたる天才たちが「生身の若い娘とのセックスor瞑想」でしか、A10神経の活性化による人生成功の獲得が不可能かと思っていた状況を、一変させたのです。

 

 

「人類史上存在しなかった快楽レベルのオナニー」という選択肢の出現は、われわれ大企業の経営者からすれば、ほんとうにラッキーな出来事。
ひとりの男が支配者階層になるほどの社会的地位をゼロから築くことを意図したとき、今までの歴史では、私財を投じて、しかも節操の崩壊を恐れながら、若い娼婦や愛人を抱くしかなかったのですから。
脳を満足させて成功を容易にするためには、それしか方法がありませんでした。

 

 

いまだに女性問題で身を潰すビジネスエリートやスポーツ選手、政治家などがいますが、きわめて冷静に脳の働きを考えて、どうすればメリットだけを得ることができるのかを達観すれば、行き着くところは極限の快楽を増幅させ続ける洗練された合理的オナニー・メソッドしかないはずなのです。
また、麻薬や覚醒剤などの薬物により脳内・報酬系の活性化を何とか保とうという人間が、支配者階層にすら見受けられますが、これは無知による諦めであり、失敗者そのものといえましょう。
外部からの疑似的化合物の注入は、脳を回復不能なまで破壊するので、その人物の広義における死を意味します。

 

 

人工知能つまりAIによって、今後の人間の仕事や存在理由が失われてしまうという懸念を抱いている向きもあるそうですが、私からすれば、そのようなことはまったく取るに足らないイベントで、真剣に脳活性のためのオナニーを究めんとする者は、簡単に卓越者になれるので機械などに負けるはずがなく、何の心配もいりません。
気高さや精神性ばかりか、能力や生産性も、ある境地に達した人間には、マシーンが勝てることはありません。
あなたが、脳の報酬系およびA10神経を成功にコミットさせるために、具体的な方法を持っていれば幸いです。

 

脳科学,男の人生成功法則,ビジネスと性欲エネルギー,オナニー,オナ禁,お金と人間関係の願望実現,脳内物質,A10神経,自己啓発,成功者の房中術,引き寄せの法則

手前味噌ですが、男の人生成功術メビウスは、本当に自信がございます。

トップページを何度も、そして細部まで吟味いただき、ぜひ、他の人生成功術と具体性・効果を比べてみてください。

脳科学,男の人生成功法則,ビジネスと性欲エネルギー,オナニー,オナ禁,お金と人間関係の願望実現,脳内物質,A10神経,自己啓発,成功者の房中術,引き寄せの法則

あなたは、本当は、

どんな人生を生きたいですか?